あなどれない四国の銀行

あなどれない四国の銀行

四国銀行の商品 便利に使おう阿波銀行

便利に使おう阿波銀行

阿波銀行の投資

投資といえば一昔前は本格的な株式投資でしたが、最近では投資信託やNISAが主流になりつつあります。NISAというのは少額投資非課税制度のことで、年間100万円までなら非課税対象枠で投資がおこなえるというものです。累計5年間しか利用できないものの、非課税で利用することによってコストを削減し利益を増やすことができます。しかしうっかり利用しすぎて年間100万円を超えてしまったり、5年以上利用してしまうと非課税対象外になってしまうので自己管理が欠かせません。

 

このように金融機関各社ではNISAが目立っていますが、阿波銀行ではネットバンキングを利用した投資信託をはじめ、投信積立サービスなどもおこなっているため、初心者でも利用しやすい環境となっています。とくに投信積立サービスを利用して複数のファンドに投資する形にすると、リスクを大幅に分散することができます。しかし投資は金融商品の中で最もハイリスクな商品なので、投資対象となる企業データをもとに企業分析したり、投資成果の悪いファンドは避けるなどの措置が必須です。

 

投資信託を利用する際はあくまで慎重におこなわなければいけません。本来投資は将来に向けて守るべき資産とは関係ない余裕資金でおこなうべきものなのです。とはいえ銀行側の利益が大きいため、投資信託は銀行側が積極的に営業活動する商品の一つでもあります。さらに小さい利益であっても、一度成功してしまうとその経験をもとにどんどん投資活動を活発化させてしまう傾向にあるため、自主的に利用制限を設けたり積立投資などの地道なやり方でおこなうのがオススメです。

 

投資に関する情報を自分で集めて投資信託をするのもいいですが、阿波銀行のように個人向け商品の充実した地方銀行で利用する場合は、窓口で丁寧に説明してもらうことも可能です。預金に関する用事で支店に行ったついでに話を聞くといったこともできますし、不動産投資信託など投資信託のより詳しい解説を受けることができます。しかし銀行の場合は証券会社と違って行員の知識に差が生じることがあるので、何人かの行員に話を聞いて偏りのない意見を得ることが大切です。

 

 

四国銀行の商品 便利に使おう阿波銀行